えすたけ日記

日々、思うこと

あまりにも短命だったMacBook Airのお話

先日、MacBook Airの液晶を不注意で破損した。注文したMacBook Airが入荷したとの連絡をもらった。USキーボードで注文したので2〜3週間の納期は覚悟していたが、実質1週間での入荷となった。

HDD vs. SSD TestHDD vs. SSD TestHDD vs. SSD TestHDD vs. SSD Test / Simon Wüllhorst


仕事が終わって速攻で引取り、晩ご飯も早々に開封
今更感もあり、開封の儀は省略(汗)

Macも5台目となると初期設定もス〜イ!ス〜イ!
続いて以前のMacBook Airのバックアップから復元作業。
さほど時間もかからず終了。
やっぱり簡単!iTunesiPhotoなどのデータと動作確認だけしてその日は終了。(この時点で電源は切らずにスリープ上体で放置)

問題は翌日の朝...。

朝、目が覚め時間を確認する為にPCを覗き込んだ。
画面の右上にソフトウェアのアップデート通知が出ている。
何の疑いもなくポチる。

OSアップデートのほぼ途中で電源が落ちた...。
電源ボタンを押しても再起動しない。。。

しかたなく電源を抜いたまま3時間ほど放置。
PRAMを試みること数回目に立ち上がった!!!

でも、5分後にまた落ちた...。

起動した姿を見たのは数時間だった...。

翌日、購入店からappleへと旅立っていった。
あまりにも短命だった...。