えすたけ日記

徒然日記

サマーセミナー in kochi Vol.36に行ってきました!


20140923145951.jpg

例年、五台山の竹林寺で開催されていましたが、今年はいの町の土佐和紙工芸村「くらうど」で開催です。


  

20140920104621.jpg





目の前には清流 仁淀川が流れていてロケーションも良い場所です。

20140920133058.jpg

- 会場:土佐和紙工芸村「くらうど」  
- 日時:2014.09.20(土) 11:00〜13:30
- 演題:「建築のコモナリティー
- 講師:アトリエ・ワン 塚本由晴+貝島桃代
- 主催:高知県建築士

 

建築のコモナリティー


少し早めに会場に着き、席を確保です。徐々に席も埋まり開演時には満席です。前半は塚本由晴のお話からスタートです。

20140920105329.jpg

コモナリティーとはあまり聞きなれない言葉ですが、「共通性」とか「共有性」の意味。例えば集合住宅や広場などのコモンスペースは供給する側と利用する側に隔たりがあり、理想通りの使われ方をしていない場所や建物がある。「ふるまい」を通じることで本来の「共(コモナリティ)」となる。

講演の中では度々、人や自然の「ふるまい」という言葉が使われています。その後はスライドを交えお話は続きます。

▼10mのホワイト・リムジン・屋台

面白い発想ですね。

▼宮下ナイキパーク
改修に際して様々出来事の多かったプロジェクトだったとか...。




窓学って?こちらもあまり聞きなれない言葉です。YKK APが主催する窓に特化した発信プロジェクトのようです。

YKK APでは、2007年度より「窓学」をスタートさせ、窓の歴史や文化など窓に関する知見の蓄積を進めています。「窓研究所」は公式WEBサイトを開設することで、自らの活動のなかで収集・保存した窓に関わる専門知識や高品質な情報を社会へ発信し、窓文化の創造と社会への貢献を目指してまいります。

via:ニュースリリース 2013年5月23日 - YKK AP株式会社

 

  • 風の中の窓
  • 物見の窓
  • 連なりの窓

様々な窓たち。

▼飛騨古川町の町並み
そういう見方をすると窓も面白いですね。






BMW LAB

Lab Design: Architectural Animation

BMW LAB in Munbai
現地の材料でやるこうなるのか...。


後半は貝島さんのお話です。

北本駅西口駅前広場


北本駅西口駅前広場改修事業 竣工記念ブックレットは下記で見ることができます。



最後は東日本大震災の復興への取組みについてのお話です。

牡鹿半島のための地域再生最小限住宅 板倉の家/コアハウス






アトリエ・ワン HP




普段、聞きなれない言葉だったり、少し学術的な考えも多かったけど、有意義なお話を聞くことができました! 今から来年が楽しみです。



▼関連記事