えすたけ日記

日々、思うこと

奇跡の再会!!



photo credit: LeonArts.at via photopin cc

先日、CharのLIVEの日記を書いた。LIVEも素晴らしく、久しぶりに気分も盛り上がった。同時にそのLIVEは別の意味で思い出に残るイベントになった。

それは約20年ぶりに大学時代の友人に再会したから...。




20年ぶりの再会

再会したのは大学生の頃、一緒にバンドをしていたM。私がVo/GtでMはDr/Vo、そしてBa/VoのFの3人で大学の4年間をバンド活動に明け暮れた。今ではお互いに連絡も年に1回の年賀状くらいになっていた...。

会場で当日券を購入しようと列に並んでいた。少し周りを見回していると、こちらに歩いてくる人が...。
ん?」、誰だろ?

なんとなく過去の映像が...。

まさかねぇ」。
でも、やっぱりそうだった!
Mだった。第一声もなく握手が最初のコンタクトだった。想像もしていなかっただけに正直、混乱気味(汗)

2人とも当日券だったので、とりあえずチケット購入し、開演までの間とりとめもない話をした。Mはもしかしたら会えるかもしれないと思っていたらしく、20年ぶりとは思えないくらい普通だった気がした。LIVE終了後に会場前で落ち合うことにした。


2/3いけず
バンド名は「いけず」。バンドの名前にはそれなりの想いや意味合いがある。(本人達にしかわからないかもしれないけど...。)
  • 関西特有の言葉だけど誰でも知っている
  • 3人でトリオ構成だったから3文字
  • 変に横文字でカッコ良くないほうが良かったから日本語

  • い:意地悪(私)
  • げ:ケチ(F君)
  • ず:ズボラ(M君)
ズボラのM君だけはこじつけだったかな。

とか(汗)

今、思うと不思議な関係だったかもしれない。今のように携帯やメールなんかもなかっただけに、必要がなければ特に連絡しなかった。お互いがそれぞれに適当にやっているだろうな...、て感じ。いつもベッタリの親友という感じでもなかったけど、合えばいつも通り。時には身内のように感じることもあった。以心伝心みたいな感じがあって喋らなくても、なんとなく通じてたと思う。

LIVE終了後、普通にLIVEの感想なんかを話した。特別な感じでなく、それで良いと思った。またの再会を約束し別れた。

今回は期せずしてして『2/3いけず』だったけど、『3/3いけず』もいつの日かあるのかな...。

まぁ、みんな元気だったらアルカモネェ。

20140502213522.jpg