えすたけ日記

日々、思うこと

心地良い夜遊び

昨日は現場作業の一日だった。作業内容は照明の点灯を制御するための設定。メーカーの方が助っ人にきてくれた。彼は休みの日にもかかわらず、松山から駆けつけてくれた。今までも二人でいくつもの現場を一緒にやっており、信頼出来る相棒的な存在。肝心の作業は少しの手直しがあったものの、19時過ぎには無事完了。


現場作業のお疲れ様の意味もあり、一緒に食事をすることになった。二人ともお腹が減っていたのでおらんく家にお寿司を食べにゆくことに...。遅れて会社の後輩も登場した。現場のことや仕事のこと、ムフフな話が尽きない。普段はあまり日本酒を飲まないけど、おらんく家では名物の竹酒を飲みます。スッキリ冷たくて美味しく、さらに会話も盛り上がる。
土佐鮨処 おらんく家 高知/メニュー・本店
おらんく家
▼竹酒
img_takezakeL.jpg

二件目でも多いに話が盛り上がり25時を過ぎたあたりで解〜散。帰り際に屋台のうどん店 和楽路屋(わらじや)さんに寄道。このお店は高知でも有名な夜だけの屋台のうどん屋さん。お寿司を少し食べたのでお腹は減っていないはずだけど、脳内は完全に酒うどんモード(汗) お決まりの天ぷらうどんを注文。屋台の中は満席だったので外のテーブルでズルズル...。

向かいのお店の前では寒空の下、若い男性がギターを弾きながら歌っている。いい声が気持ちよく酔った後に、心地よく響いた。
20120129190743.jpg