えすたけ日記

徒然日記

笑's 「B6君」を買ってみた

笑's 「B6君」を買ってみた。コンパクト焚き火グリルとしてソロキャンパーなどに人気の商品。
20120908164938.jpg

既に多くの方々がBlogなどでレビューされている人気商品。コンパクトさは勿論、大変、コストパフォーマンスに優れた商品。グリルのシーズニングを兼ねて初火入れをしてみた。

工場直売のアウトドア用品  笑’s -sho's-





■スペックは下記(販売サイトから引用)
折りたたむと厚み18mmになってしまう超うす型コンパクト設計。
ツーリングやハイキングにもお勧めできる、500gのポケットサイズ焚き火台です。
◆収納サイズ:約181mm×122mm×18mm
◆組立サイズ:約215mm×122mm×165mm
◆重量:約500g
◆材料:0.6mm厚ステンレス・アルミリベット
◆静止耐荷重:10kg
※火床の深さ:約7cm


▼皆さんのレビュー通りお手紙同封です。
ホンの少しのことですが気遣いを感じます。
20120908164113.jpg

▼比較になるモノと一緒に写してませんがホントにコンパクト。20120908164156.jpg


20120908164218.jpg


▼今回、専用のグリルプレートも一緒に購入。厚さ2.3mmの黒皮鉄板。
重量は約460gと少し重い。
20120908164342.jpg


▼グリル本体がグリルにキチッとセットされ、収納のこともよく考えられている。
20120908164242.jpg


▼ホントにピカピカ!写真を撮るにも写り込んでしまう(汗)
20120908164423.jpg


▼テッシュを下に敷き薪をチョロチョロ。
流石にテッシュだけでは点火しなかったので、着火剤を投入。
20120908164548.jpg



▼燃焼効率が良いのか、よく燃える。
20120908164611.jpg


▼先日、道の駅で売っていた薪。建築か木工品の木屑だからか、乾いていていてよく燃える。
20120908164525.jpg



▼お次は墨を投入。グリルで調理する際には、薪より炭のほうが良いかも...。
20120908164636.jpg


20120908164655.jpg


▼この炭はロゴスのヤシガラ炭。
少々、値段は高いが着火しやすく、火持ちも良い商品。
20120908164724.jpg



▼火入れとシーズニングが目的だったが、何か焼きたくなってきた(汗)冷蔵庫に厚切りベーコンとアスパラガスがあったのでヤキヤキ!
20120908164800.jpg

  • ヤシガラ炭を使ったせいか、燃え残りが殆どない。やはり燃焼効率が良いのでしょう。
  • 念のために本体の下にアルミ製のプレートを置いて使用したが、灰受けより下は殆ど熱くない。本体には足があるのでテーブルの上でも使えるかな?
  • ハードロストルとかステンレスのメッシュグリルも欲しいかも...。


ホントによく出来た商品です。今まではスノーピークの焚き火台をメインに使ってたけど、これからはB6君の出番が多くなりそうです。