えすたけ日記

徒然日記

初のApple GiveBack

Apple GiveBackの下取りプログラムを使って、Apple Watch3を下取りに出しました。

Apple Watch4が高評価だったこともあり、買い替えるためです。

使わなくなったApple Watchはどうする?

Apple Watch3は使いだして1年くらいなのでバリバリの現役です。Apple Watchの2台体制は扱いが煩雑になりそうだし...。身内に譲るにしてもiPhone使いではないので喜ばないでしょう。使わないガジェットが増えるのも困ります。

悩みましたが、結果的には手放すことにしました。そうなると次はその方法です。

  • 知り合いに譲る
  • オークションや個人販売サイトで売却する
  • 下取りサービスを利用する

身につけるモノを知り合いに譲るのはなんとなく気が引けるというか気になります。

オークションなんかは購入したことはありますが、販売はやったことないので、少し面倒な気分です。

となると自然に下取りという結論になりました。  

最近では携帯の機種変更では当たり前になったサービスなので、携帯キャリアに持ち込めば、ほぼワンストップで古い機種を下取りに出し、新しい機種に更新できます。
Apple Watchの場合だと携帯キャリアではセルラーモデルになってしますので、今回は初めてですがAppleの下取りプログラムに挑戦です。

Apple GiveBackの下取りプログラム



おおまかな流れはこんな感じ

  1. Apple GiveBackのデバイスを検索して、申し込み
  2. Appleからの返送用の送付キットを受け取り
  3. バイスを返送
  4. 下取り金額確定後、EメールでApple Storeギフトを受け取り

申し込みページではデバイスの状態を入力するようになっています。入力と言っても、簡単なチェックですみます。



  • 電源 電源が入り、動作するか

  • ディスプレイ 良好な状態か

  • バイスのボタン 正常に作動するか

  • 外観 良好な状態か

  • 水漏れによる損傷

気になるのはApple Watchの液晶画面に少し傷がついています。なにかの角にぶつけときにできた深い傷が...。



実際の操作には問題ありませんが、ウソを登録しても実機がAppleに届いて査定するとすぐにわかります。



ただ、チェックマークの項目には「操作に影響のあるキズ」かどうかとあるので、あとはメーカー判断次第です。

この時点で暫定の下取り金額が出ます。私のApple Watch3は11,000円でした。正直、微妙な金額ですが...。この時点で下取りを中心することも可能です。

とりあえず、申し込み完了です。



送付キットの受け取りからデバイス発送まで

申し込みが確認されると、返送用の送付キットが発送されます。



ただ、この送付キットはただの空箱ですが、本人確認できないと受け取りができません。当然、家族でもダメなので、日中仕事をしている方にとっては少々厳しですね。私も夜間に再配達してもらい、受け取りました。申し込み受付から14日以内で届くようにするため、一番の関門かもしれません。

それさえクリアできれば、あとは簡単ですが…。


発送の準備

Apple Watchのペアリング解除は必須です。ペアリング解除については下記のホームページに詳しく記載されていいるので割愛しますが、手順通りにやるだけで簡単にできます。

Apple Payで使用しているカード情報もiPhoneにバックアップされているので、iPhoneのバックアップをとれば新しいApple Watchに復元できます。

ただ、Suicaは手動で削除の必要があるようです。私はSuicaApple Watchでは利用していないので、この手順はありませんでした。




発送

送るのは本体だけです。バンドはいくつか買い揃えていたので手元に残るのはありがたいです。そして、充電ケーブルも送付不要です。これも嬉しい!

あとは空箱に本体だけを入れ、同梱されていたら送り状を貼って発送です。



簡単!

あとは到着後、買取金額が確定してクーポンを受け取るだけです。


クーポンGET!

発送の翌日には査定金額の確定メールがAppleから届き、続いて11,000円のApple Storeギフトカードが送られてきました。

個人的には大きな傷があったので、マイナス査定は覚悟していたのですが、結果的にはOKだったようです。



1月21日の申込み受付けメールから始まり、1月30日の夕刻にはギフトカードが送られてきました。発送キットを受け取ってから数日は処理ができずに週末に発送準備をしたので約10日くらいかかったことになります。発送キットの受け取りや発送準備がスムーズにいけば、もっと早く処理できそうです。

Apple Watchがないと左手が寂しいので、早速、Apple Watch4をポチッちゃいますよ!