えすたけ日記

徒然日記

良い季節になってきた

日中はまだ少し汗ばむこともありますが、朝晩は涼しくなって過ごしやすい季節になりましね。

周回遅れですが、9月の4連休に久しぶりのキャンプに行ってきましたよ!


適度な距離感


今年はコロナウィルスの影響もあり、アウトドアが人気のようです。

都会では様々な自粛も緩和され、この4連休は水浴びやキャンプができる場所は沢山の人出。 キャンプ場と名のつくところはどこも沢山のテントやタープで色とりどりです。 5月の連休よりも多かったような気がします。

今回も場所を決めず、仁淀川を少しずつ遡って行き、あまり人が密集していない場所を探しながら、野営地を決めたいと思います。

人混みが嫌でソロキャンプをするわけで、ご近所の声が丸聞こえのような状況でテントを張るようなら自宅で呑んでいたほうが100倍ましですもんね。

とは言っても、動物が出てくるような余程の山奥でなければ完ソロも大歓迎ですが、少しくらい人がいるくらいのほうが安心感もあり、落ち着くこともあります。


今回の河原はキャンプをしているかたが10組くらいいましたが、適度な距離でそれぞれ離れています。ファミリーキャンプが少なかったせいかもしれませんが、話し声がかすかに聞こえるくらいで気になるような事はありません。

適度な距離感は大切かもしれません。


やっぱり、焚き火


ひとりでキャンプに行っても、何をする!ってテーマがなければ時間はたくさんあります。

実在、大したことは何もしていません(汗)

音楽を聞いたり、本を読んでみたり、タブレットに保存してある映画を見るとか…。たまにお気に入りの道具を愛でて、ひとりでニヤニヤしたり(笑)そんなことをしながら、簡単なおつまみを作って呑むだけです。

まぁ、それだけでも自分の好きなペースで好きなように過ごせるのがソロキャンプの良いところなのですが、自分の部屋にいても同じできるなぁ…、と。


ただ、どうしても部屋や自宅でできないのは「焚き火」

ひと昔前なら、よほどの人里はなれた地域や広い自宅であれば可能だったかもしれませんが、今どき、自宅で「焚き火」は厳しいすもんね。

「焚き火」を眺めているだけで、酒の肴になるのです(笑) 何時間でも過ごせそうです。

やっぱり「焚き火」あってこそのキャンプです。「焚き火」をするためにキャンプをしているのかもしれません。


良い季節になってきた


つい先日まではうだるような猛暑だったのにすっかり秋です。日差しは強いけど、朝晩は特に感じます。

少し物寂しい時期ですが、「焚き火」には良い季節になってきましたね。


今回、Six Moon DesignsのルナーソロLEを使ったのですが、完全に選択ミスでした。

寒暖差のある時期だったのと、河原だったので結露が凄かった(大汗) シングルウォールなので、ある程度はわかっていたのですが、想像を超えていました。裏も表もビシャビシャでした(笑)

今シーズンは河原キャンプが多くなりそうなので、対策を考えないといけませんね...。