えすたけ日記

日々、思うこと

Pastebot SyncからPushbulletへ

20150207193657.png


iPhoneとPCのとの間で画像やファイルを転送する方法はいくつかあります。すぐ思いつくだけでも...、



  1. メールで送る
  2. クラウドステトレージを利用する
  3. Wi-FiBluetoothで転送できるアプリを利用する

会社のPCなんかは勝手にアプリをインストール出来ないようになっているので1や2の方法になります。自宅のMacであれば3の方法です。今まではPastebotを使ってiPhoneとPC間のデータのやり取りをしていました。




Pastebot

20150207193728.png



Pastebotは2009年に発売されてからPhoneユーザーの評価も高いアプリです。同じLAN内であればテキストや画像をコピーするだけでiPhoneMacMaciPhoneに転送することが出来ます。転送だけでなく、編集やマージなどの便利な機能もあり、使っていても楽しいUIということもあり利用に使っていました。

Pastebot — コピー&ペースト強化ソフト
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




不満というわけではないけど、
  1. 基本、Mac専用
  2. コピーする前に互のアプリを立ちあげる必要がある
とか...、
現在では同様の機能を持ったアプリやサービスがPastebotが発売された当時よりも無料で提供されています。AppleでもiCloudAirDropなどのサービスが始まりPastebotの出番も少なくなっていました。




Pushbullet

Android機では以前からあったアプリらしいですが、iOS用としては2014年から提供されているアプリ。何かの記事で見かけたような記憶はあったのですが...、スルーしていました。今回、使ってみようと思ったきっかけは@winerosesさんの記事を見たから。


Pushbulletのユニバーサルコピーでデバイスの垣根を飛び越えよう
iPadMacにも対応しました。Googleアカウントを使う簡易メールと考えると、当たらずとも遠からず。写真やURLアドレスを送れます。

今回の記事だけでなくiPhoneでBlogを書いたり、便利に使ったりする情報が多く、いつも楽しく見させてもらっているBlogです。

PushbulletのHPからはiOS、アンドロアド機やMacWindows他のPCアプリがダウロードできます。


iPhone
Pushbullet
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




Mac
Pushbullet
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ




バイスやOSを選ばずに転送出来るのは素晴らしい!




▼ログインと設定画面
20150208152253.png


FacebookGoogleアカウントでログインします。(私は仕事用のGoogleアカウント)




Safariのシェア・共有のアクティビティを設定
20150208151659.jpg

①を押して、シェア・共有のアクティビティの設定をします。



20150208152326.png

②Pushbulletの項目にチェックを入れる
③メニューにPushbulletが現れました



▼リンクを送る
20150208152353.png

見ているHPの下にあるシェア・共有の項目を押すと、Pushbulletが立ち上がってリンクが書き込まれます。あとは送り先を選んでPushするだけ。あまり待つことなく転送先に送られてきます。
宛先には自分のデバイスだけでなく連絡先にあるメールアドレスなどにも送ることができます。@winerosesさんの言う「簡易メールと考えると、当たらずとも遠からず」の言葉通り、メールを送る感覚に似ています。



▼画像や地図も
20150208153839.png

画像や地図なども表示している画面からシェア・共有で送るだけです。会社のPCから住所で行き先を検索して、その検索結果をスマートフォンに送っておけば、スマートフォンで検索する手間も省けて良いかも。



Firefoxのアドイン
20150208142711.jpg

MacWindows用のアプリもあるけど、個人的にはChromeのエクステンションやFirefoxのアドオンがオススメです。日本語化されていたり、宛先が選びやすい。
これなら会社のPCに入れても大丈夫かな???





  • Pushbullet - Your devices working better together








  • その他の機能

    とりあえずデータ転送だけで満足なのですがそれ以外にも便利な機能があります。
    1. IFTTTとの連携
    2. 通知領域のミラーリング
    1のIFTTTは決められたレジピでWebサービス同士を連携させることが出来るサービスです。既にIFTTTのサイトには幾つかのレジピがあるようです。(個人的にはまだピン!とくるレシピがないので今後に期待です。)



  • Put the internet to work for you. - IFTTT




  • 2の通知領域のミラーリングiOSでは未対応?アンドロアド機での使い方をググってみると、なかなか良さげな機能です。こちらも今後のアップデートに期待です。

    今後のアップデートや他のWebサービスとの連携にも期待を持てるサービスですが、データ転送だけでも十分に便利なサービスなのでオススメ!です。